HOME>膝

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
スポンサードリンク

の様子

膝が痛む主な原因

高齢者の人が膝の痛みを訴える場合は筋肉、骨、靭帯の弱体が原因であることが多い。
足を上げたり、伸ばしたりのときには太ももの筋肉(大腿四頭筋、大腿二頭筋など)を主に使いますが、弱くなると膝の負担が大きくなります。

太って体重の重い人は足への負担が大きくなります。これにO脚などが加わると、より膝への圧迫が大きくなり、膝関節症などの危険が増していきます。

またスポーツや過激な運動が主な原因になります。
■軟骨がすり減っている
■骨が変形している
■水がたまる(炎症を起こす)
■成長痛
■膝を取り巻く靭帯が固くなっているー痛みのとり方
  足の裏のアーチが崩れて膝の内側の筋肉が硬直。

膝がすでに痛い人はサポーターで保護する必要があります。炎症で痛い場合は抑える処置をしましょう。靭帯が固くて痛い場合はゆるめることで痛みは緩和します。(緩め方は下を見てください)
靭帯のケア靭帯のページに戻る

靭帯が固くなっている場合の痛みのとり方(その2は炎症のときには行いません。靭帯が固いときです)

継続して家でやるストレッチ
その1膝の表と裏を伸ばす
■足を投げ出す。
■投げ出した足の片方ずつ、足の指を手前に向かって、反り返させる。これは膝のウラを伸ばすことを意識して行う。(一回の時間は5回数える  ぐらいの間)
■両足とも繰り返す
■今度は膝の表。このときはつらないように注意しながら、指をむこう側に「向け伸ばす。(一回の時間は5回数えるぐらいの間)
■両足とも繰り返す

その2痛い部分を押す
■ここでのコツは、「痛いところを押す」ことです。いやですが痛いところが靭帯が硬いところです。
■逆に、痛くないところ押しても、効果はありません。
■親指で膝の周囲をいろいろ押してみます。押して痛いところが「押すべき場所」です。5回数えるまで押しましょう。繰り返します。
■続けていると、押して痛いところが微妙にズレてきます。
■スレたらそこを今度は押しましょう。

その1とその2を日々家で行いましょう。それで痛みは解消します。靭帯がゆるんでくるので。
*その1は普段からストレッチとして行うことをお勧めします。
スポンサードリンク
正面から見た右足
A 大腿骨(だいたいこつ)

B 大腿直筋(だいたいちょっきん)

C 膝蓋骨(しつがいこつ)

D 外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)

E 内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)

F 半月板(はんげつばん)

G 膝蓋腱(しつがいけん)

H 脛骨粗面(けいこつそめん)

I 腓骨(ひこつ)

J 脛骨
(けいこつ)
後ろから見た右足
A 大腿骨(だいたいこつ) 

B 前十字靭帯((ぜんじゅうじじんたい)

C 後十字靭帯((こうじゅうじじんたい)

D
 外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)

E
 内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)

F 内側半月(ないそくはんげつ)

G 外側半月(がいそくはんげつ)

H 脛骨(けいこつ)

I 腓骨(ひこつ)
スポンサードリンク
関節保護を実践!
の部分(マメ知識)足の裏足の甲アキレス腱くるぶしふくらはぎ太もも足リンパ   足の構造足靭帯足の骨足の筋肉
足で困った!
(ちょっと頑張る)むくみ冷えつる, こむらがえり足臭い足汗足だるい偏平足O脚X脚開張足凹足
内反足・外反足外反母趾巻き爪、陥入爪足の水虫・爪水虫下肢静脈瘤足底筋膜炎痛風足骨折足捻挫膝の損傷    足のお手入れ(日常から実践)足ダイエット足ツボ足マッサージ足爪手入れフットケア中敷、インソール   はきもの靴を買うとき   ウォーキング正しい歩き方はだし
体調管理に「足のツボ」チェック!症状別 足もみ 「こころえの条!」と手順の一例 「足」をつける言葉・ことわざ 足もみ稼業アレコレ! フットケア稼業アレコレ! 
「足」に関連する本 糖尿病壊疽ー足切断「ちょっと待って!」 足の知恵袋
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者