HOME>正しい歩き方

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
スポンサードリンク

正しい歩き方

正しい歩き方の効用

■歩くこと自体が健康に良いことは、誰でも知っています。それでも社会生活を送っていると、なかなか時間がとれないというのが実情です。
■でも年を重ねたとき、一番困るのが、お年寄りの足の筋力の低下です。骨折や寝たきりになれば、ご自分も家族の人も大変です。
■早いうちから、歩く時間を作りたいものです。
■さて同じ歩くにしても正しい歩き方をすると、その効果は絶大です。
■例えば、こんな例もあります。
 膝の痛みに悩む人を集めて、正しい歩き方を伝え、それを実践した人たちが、3ヶ月から1年の間に痛みが消えた、というものです。
 その多くの人は長年治療しても、うまく痛みが取れなかったというのですから、驚きです。
 ちなみに、これを指導したのは、ある整形外科の先生です。
■内容はこんな歩き方です。
 かかとを意識し、大地を踏みしめるように着地する。
 ひざを伸ばし、曲げない気持ちで歩く(多少曲がっても自然なことなので、気にしなくて良いです)
 大またで歩く
 あごを上げて歩くーここが特にポイントだそうです。
 

*普段の歩き方をちょっと気をつけるだけで、健康増進していけるなら、一度覚えておかれたらどうでしょう。
「足の裏からみた体」野田雄二著 講談社
足のアーチは静脈やリンパ腺に刺激を与えて、血液やリンパの流通をよくする重要な役目を持つ部分です。7歳前後にかけて形づけられ、出来上がるといわれますが、その間、爪先を十分に使うことによって丈夫なアーチに育てあげることとなります。
スポンサードリンク
健康は足から

 足には、心臓、胃腸、腰部、骨盤内の臓器などにつながる一  種の神経反射点があると言われています。そしてそれを刺激  することによって、足の血行をよくし、治癒力を促進することで、 健康や美容に著しい効果があるとされています。

 この神経反射点は歩行により刺激を受けますので、歩くことを 怠ったり、歩き方が悪かったり、あるいは指、土ふまず、かかと などに欠陥があり、不自然な動きを余儀なくされますと、歩くこ との効果を十分に上げることが出来なくなり、それが健康面で 支障をきたす原因にもなりかねません。

 血液循環をみますと、動脈循環は心臓の圧力作用で行われ、 静脈循環では筋肉の作用で行われるので足の運動は欠かせ ません。

 足の静脈の不全は局部の酸性老廃物質の滞積を起こし、この 毒素成分が影響して、足がだるい、、重いなどの症状となりま す。

 そしてこの毒素が関節に集中すると思わぬ病気を併発したりし ます。

 また毒素そのものが多くなると、肝臓の解毒能力が限界になり 内蔵全体の機能が低下傾向になります。

 *足が伝える兆候にはいろいろありますが、主なものは下記  の通りです。

 ■足がだるい、重い、疲れる、太くなる、圧痛を感じる
 ■油足で湿る、臭い
 ■水虫、湿疹が出る
 ■足の関節が痛くなり、回転がぎこちなくなって、転びやすく、  またその部位が腫れる
 ■足が冷える、ほてる
 ■足の裏の知覚障害が起きる
 ■血圧が高くなったり、低くなったりする

 など。

 *足のあり方は足だけの問題ではなく、体全体の健康に大き な影響を与えます。

 右の図は高いヒールを女性が履いたときに、なりがちな歩くと  きの姿勢です。普通に歩くときと違ってしまいます。

 これが頻繁に継続されますと、姿勢の悪さから、体全体が不自 然を強いられ、だんだん支障をきたすようになります。

 足元がわずかでも傾くと体も傾いてしまい、くずれたバランスを 無意識に調節しようとして、腰が傾き、背骨が曲がるなど、そ  れぞれの関節が反対方向へ傾いて、全身に大きなひずみを起 こします。

 一時期より女性の間でも認識が高まっていますが、仕事がら  やいろいろな理由から高いヒールをやめるわけにいかない人  も多いようです。

 個人差もありますので、あまり神経質になるより、意識を高め  ることで、普段のストレッチやケアを自分に合った方法で行う  のが良いでしょう。

 その場合でも歩きやすい靴で正しい姿勢で歩く時間を確保し  足の筋肉を衰えさせないことは必須だと思われます。


 正しい歩き方

 決して難しいことではありません。
 膝を伸ばし、歩幅を意識して広げるようにします。
 そうすると、姿勢もまっすぐになり、見た目の美しさも格段によく なり、なおかつ健康を増進させます。

  
  今日からはじめましょう!
の部分(マメ知識)足の裏足の甲アキレス腱くるぶしふくらはぎ太もも足リンパ   足の構造足靭帯足の骨足の筋肉
足で困った!
(ちょっと頑張る)むくみ冷えつる, こむらがえり足臭い足汗足だるい偏平足O脚X脚開張足凹足
内反足・外反足外反母趾巻き爪、陥入爪足の水虫・爪水虫下肢静脈瘤足底筋膜炎痛風足骨折足捻挫膝の損傷    足のお手入れ(日常から実践)足ダイエット足ツボ足マッサージ足爪手入れフットケア中敷、インソール   はきもの靴を買うとき   ウォーキング正しい歩き方はだし
体調管理に「足のツボ」チェック!症状別 足もみ 「こころえの条!」と手順の一例 「足」をつける言葉・ことわざ 足もみ稼業アレコレ! フットケア稼業アレコレ! 
「足」に関連する本 糖尿病壊疽ー足切断「ちょっと待って!」 足の知恵袋
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者