HOME>足マッサージ

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
足マッサージは非常に歴史が長いのですが、足のためにもむ、というよりも体全体のために、足を集中してもむというのが一般的です。
体が不調だったり、目が疲れる、肩がこる、背中がこる、なども足の刺激を行います。
もちろん肩を直接押したほうが気持ちが良いのですが、体の中から働きかける場合は足マッサージがおすすめです。
普段から短い時間でも日々継続しましょう。
スポンサードリンク

足マッサージ

足マッサージをやってみよう!

足のマッサージは足だけのためではありません
毎日やれば、体質改善、強化し精神も安定、意欲的に
足にはいろいろなトラブルがあります。

足がむくむ。こむらがえりなど足がつる。足がだるい。外反母趾。ハンマートゥー。こうした足特有の症状に足マッサージは直接的に効果を発揮します。足の筋肉をもみ、骨をほぐすことで足は守られていきます。

普段から足のマッサージを行いましょう。

また体の不調に対しても足マッサージは実に有効です。これは足をもむことが、直接血液の循環を良くして、体を暖める効果があるからです。

病気の原因は血液の流れが阻害され、細胞に酸素や栄養がうまく届けられなくなることが大きく影響しています。つねに循環を促し、老廃物を適切に外に出していければ、体全体にとって喜ばしいことは言うまでもありません。

いろいろなマッサージの仕方を試して見て、自分に合う方法を見つけましょう。
いろいろなマッサージから自分に合ったものを選びましょう

強く刺激して痛いマッサージもあります。逆にリラックスを中心としたソフトなマッサージもあります。自分の納得いくやり方で行うのが良いでしょう。

とくに東洋的な足ツボは強く押すので痛みを感じるのですが、痛くすることを目的にしているのではありません。慣れてくると痛いが気持ちが良いと感覚が変わってくるはずです。痛みが楽になったら、さらに強く押す、ということはありません。足の裏が柔らかく通りが良くなれば、感じ方が楽になり、その状態を維持すれば良いわけです。

なぜ強く押すかと言えば、足の裏には沈殿物が石灰化してこびりつき、血行を妨げている、という考えからです。皆さんもだまされたと思って、継続して痛くても、自分で継続してみてください。驚くほど体調に変化が出てくるのを、肌で感じるはずです。

人により一定の部分だけ続ける人がいます。それでも効果的です。時間がない、継続しやすいため、などの理由から短い時間を有効に使っているケースです。

もちろん、毎日全体をじっくり押す、もむ、というのが理想的です。これを徹底してやった効果は計り知れません!ご自分でもビックリすることが起きます。毎日じっくり、というのは本気になればきっと出来ます。良いことづくめなことは請け合います。

どうしても時間が取れない人たちは足の親指回し、足首回しをしてはいかがでしょう。
症状別に押す箇所を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。
各種マッサージ
■足反射区マッサージはこちら
■骨マッサージはこちら
■簡単マッサージはこちら
■リンパドレナージュはこちら
足マッサージを実践!
の部分(マメ知識)足の裏足の甲アキレス腱くるぶしふくらはぎ太もも足リンパ   足の構造足靭帯足の骨足の筋肉
足で困った!
(ちょっと頑張る)むくみ冷えつる, こむらがえり足臭い足汗足だるい偏平足O脚X脚開張足凹足
内反足・外反足外反母趾巻き爪、陥入爪足の水虫・爪水虫下肢静脈瘤足底筋膜炎痛風足骨折足捻挫膝の損傷    足のお手入れ(日常から実践)足ダイエット足ツボ足マッサージ足爪手入れフットケア中敷、インソール   はきもの靴を買うとき   ウォーキング正しい歩き方はだし
体調管理に「足のツボ」チェック!症状別 足もみ 「こころえの条!」と手順の一例 「足」をつける言葉・ことわざ 足もみ稼業アレコレ! フットケア稼業アレコレ! 
「足」に関連する本 糖尿病壊疽ー足切断「ちょっと待って!」 足の知恵袋
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者