HOME足マッサージ>リンパドレナージュ

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
スポンサードリンク

リンパドレナージュ

リンパドレナージュをやってみよう!

一般的に、リンパドレナージュと呼ばれているテクニックは、ヨーロッパの国々を中心として発展してきた技術です。

本来的なリンパドレナージュは、交通事故などの後遺症からのリハビリや機能回復のために実施されています。

エステティック分野で行われているリンパドレナージュは、そのこととは別の意味合いで解釈されており、リンパの流れを促進して排泄を促すことを目的とし、「若返り美容法」としてヨーロッパのエステティックサロンを中心に実施されています。
気持ちよくて、健康によいのですから、積極的にチャレンジしましょう!
以下はリンパドレナージュ手法の一例です。  足ダイエットに戻る人はこちら
背面
1 点の部分にやや力点を置きながら、中指または親指で時計まわりにやや圧力をかけながら回転。力をぬきながら逆方向へ回転。

2 上図には2は記入されてません。全体にオイルを軽めに塗ってください。

3 足首を下から上へ親指・人差し指の間で強めに強めにこすります。

4 四指を曲げ(猫の手)足底を時計まわりに強く回転します。それから土踏まずを親指で強く上方へこする。

5 手指全体でくるぶしの周囲を、下から上へ回転する。

6 足首からひざ裏の下まで両親指・人差し指の間で強くこする。親指の力はぬいて行います。
7 ひざ裏を軽く片手で3回程度密着させ持ち上げる。手のひら全体を密着させましょう。

8 ひざ裏上よりヒップ下まで両親指・人差し指の間で強くこすり、太もも内側と外側へ流す。(5〜6回)

9 太もも手前から内側付け根に向け、しっかりこする。(リンパの流れを意識して行いましょう)

10太もも外側より両手の指を使い肉を集め、内側リンパ節へ向けころがす。

11足の付け根より下方に向かい両手のひらで圧迫、回転しながら移動(手前方向へ回転)。

12かかとを温め足先より両手のひらで軽くこする。

*そして左足も同じように行い、最後に両足を両手のひらでつま先よりヒップまで軽くこすり、ウエストをしぼって背面は終わります。
スポンサードリンク
前面
上図は左足で書かれていますが右足から先に行います

1 中指または親指で時計まわりに(点の位置)こする。

2 全体にオイルを軽く塗る(すりこまなくてかまいません)

3 足首の下から上へ親指・人差し指の間で強くこすります。(背面と同様)

4 足の親指と2番目の指それからの骨の間をこする。
  指一本一本を手でもむように5本行います。
5 手指全体でくるぶしの周囲を下から上へと(時計まわりに)回転する。(背面と同様)
  
上図は左足で書かれていますが右足から先に行います

6 両手のひらで足首よりひざへ向け強くこする。

7 親指でひざ上のマッサージを行う。

8 ひざ上より太もも付け根へ向け、両親指・人差し指の間で強くこすり、太もも内側と外側へ流す。

9 太ももを手前から付け根内側へ向けしっかりこする。

10太もも外側より両手指を使い肉を集め、ころがしながら内側リンパ節へもっていく。

11足の付け根より下方へ向かい両手のひらを圧迫回転しながら移動します。

12足先までつつんでから両手のひらで軽くこすりながら付け根方向へ移動し、左足へ移る

*左足も終わったら、両つま先を両手でつつみ上方へ移動し、最後にウエストをしぼります。
足ダイエットに戻る人はこちら
スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者