HOME膝損傷>関節保護を実践
      足捻挫

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
スポンサードリンク



関節保護

関節 保護を実践!

関節とは骨と骨をつなぐ箇所ですが、なんと言っても膝と足首は普段から柔軟にすることで、傷めないように保護したいところです。

足そのものの筋力をつけておくことが求められるわけですが、同時に骨を取り巻く靭帯が固くならないようにする必要があります。

固くなる要因としては

急な運動で筋肉が収縮する。
恒常的に体が冷えて、膝の周りや足首が固くなる。
その他、事故などで怪我をした状態が長引いている。そのため活動が阻害されている。

などが原因になります。

基本的に、可能であれば、普段からストレッチを行うことが、大事です。

そして傷めてしまったときは、無理はできないので保護し、必要以上に負担をかけないようにする必要があります。

傷めたときは軽く考えないで、完全に治すことが、あとあとのためにも良いことです。


普段の実践としては

ストレッチで筋力を鍛える。
足のむくみを日々解消させる。
足のマッサージを行う。足全体の血行を良くする。

これでほぼ軽い衝撃には柔軟にこなせるはずです。

もし傷めてしまった、あるいは膝に支障があるなど弱い状態のときは、靭帯の役割を保護する形でサポーターが必要です。

サポーターは比較的、合う、合わないはあまりないと思います。あるとすれば、
強度の違いと使いやすさぐらいでしょう。効果を発揮してくれます。

スポンサードリンク
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者