HOME>足の甲

足あし脚  から 元気者  足あし脚から元気者へご訪問ありがとうございます!

 一日中使っているのに、なかなか考えることが少ないのが足です。そこでこのサイトでは最初から最後まで足だけにこ だわっていきたいと思っています。

 足の豆知識、どうしたらという素朴な疑問に答えていければと考えています。

 でもかる〜く流して読んでくださいね。何かあったら、参考程度にして、まずは病院で精密検査してください。意外に大変 だったりということもありますので、くれぐれもご注意を!

カスタム検索
スポンサードリンク

足の甲

足の甲の状態
足背筋
短趾伸筋/短母趾伸筋
A 足指の根元  12℃   B 足のウラ  12℃  
C 甲の外側、内側 18℃  D かかと  6℃     
E  くるぶしのうしろ 20℃  F くるぶしの上 13℃  G 甲 23℃ 
足の表面温度は箇所により異なっている。中でも足の甲は一番高い。20度の室温の場合の体温が上記されている。摩擦などの外部からの熱に対して温度を保つために、皮膚を硬くし、温度が伝わらないようにすることもある。座りダコや足の裏のタコなど。

(注)一般に体温といわれるのは体内温度のことで、これは普通一定の保たれ、体内部はどこでも同じです。ここでの温度は体表温度で局所温度ともいいます。体の場所によりいろいろ温度が違います。
A 第1末節骨(まっせつこつ)
B 第2末節骨
C 第3末節骨
D 第4末節骨
E 第5末節骨
F 第1基節骨(きせつこつ)
G 第2中節骨(ちゅうせつこつ)
H 第3中節骨
I  第4中節骨
J 第5中節骨
K 第2基節骨
L 第3基節骨
M 第4基節骨
N 第5基節骨
O 第1中足骨(ちゅうそくこつ)
P 第2中足骨
Q 第3中足骨
R 第4中足骨
S 第5中足骨
T 第1楔状骨(けいじょうこつ)
U 第2楔状骨
V 第3楔状骨
W 立方骨(りっぽうこつ)
X 舟状骨(しゅうじょうこつ)
Y 距骨(きょこつ)
Z 踵骨(しょうこつ)
スポンサードリンク
足の甲は筋肉が少ない
体の中でも足の骨は、数が多い。またそれを取り巻く靭帯や筋肉も複雑に絡み合って、十二分に機能できるようになっている。ただ足の裏が複雑に重なり合っているのとは対照的に、足の甲は各指を引き上げる働きをする筋肉だけである。
 短趾伸筋がそれです。

 踵骨と方形骨の上部外側から各指の先端にまで伸びている筋 肉です。(第1趾には短母趾伸筋が伸びている

 この筋肉は他の動物にはない、人間だけのもので、また足に  はありますが、手にはありません。

 よく、きつい靴を履くと、この筋肉を圧迫しすぎて、働きが抑え  られ(指が動かせなくなり)疲労感を生じます。

 長趾伸筋

 この筋肉は手のもあります。

 長い筋肉で、脚のほうから各指の先端まで達しています。




■中足骨疲労骨折

 甲に痛みが起きます。継続的な激しい運動が原因。
 完全に折れた状態ではなく、静養してつながるのを待ちます。





右図の汚い図について

A 長母趾伸筋
B 短母趾伸筋
C 短趾伸筋(小指には行ってない)波線のもの
D 長趾伸筋
足を通る動脈の経路
A 足背中足骨動脈

B 環状動脈

C 足背動脈

D 前脛骨動脈

E 深足動脈
スポンサードリンク
足マッサージを実践!
の部分(マメ知識)足の裏足の甲アキレス腱くるぶしふくらはぎ太もも足リンパ   足の構造足靭帯足の骨足の筋肉
足で困った!
(ちょっと頑張る)むくみ冷えつる, こむらがえり足臭い足汗足だるい偏平足O脚X脚開張足凹足
内反足・外反足外反母趾巻き爪、陥入爪足の水虫・爪水虫下肢静脈瘤足底筋膜炎痛風足骨折足捻挫膝の損傷    足のお手入れ(日常から実践)足ダイエット足ツボ足マッサージ足爪手入れフットケア中敷、インソール   はきもの靴を買うとき   ウォーキング正しい歩き方はだし
体調管理に「足のツボ」チェック!症状別 足もみ 「こころえの条!」と手順の一例 「足」をつける言葉・ことわざ 足もみ稼業アレコレ! フットケア稼業アレコレ! 
「足」に関連する本 糖尿病壊疽ー足切断「ちょっと待って!」 足の知恵袋
Copyright (C)  All Rights Reserved 足あし脚から元気者